2009年10月26日 (月)

『デッサン』久々の出前上映

精神病と共に生きる若きアーティストに密着したドキュメ
ンタリー映画『デッサン』。
10月24日、岡山市主催の「人権町づくり塾」という連続講
座に招かれて出前してきました。
Imgphp3

視覚障害、聴覚障害の方も参加されるので、映画に字
幕をつけての上映になりました。音楽が多いので楽しめ
たと、視覚障害の方も言ってくれました。
主演の幸坂くん。とても調子が悪かったのに、質疑応答
にも積極的に関わってくれました。
Imgphp
『キチガイの一日』に比べて、出前上映の少ない『デッサ
ン』ですが、「人権」をめぐる討論のきっかけにはなった
みたいです。
参加された皆様、呼んでくださった市の人権担当の方、
どうもありがとうございました。
Imgphp2_3

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年10月21日 (水)

『キチガイの一日』九州上陸!

10月17日、『キチガイの一日』がとうとう九州に上陸しました!
しかも南国・宮崎です。

宮崎の医療専門学校の文化祭のイベントとして招かれたのです。
私と主演の吉沢さんは岡山から高速バスで伊丹空港に行き、プロペラ機に乗って宮崎まで行きました。
Rimg2677

少子化と不況のダブルパンチで、専門学校も学生の確保が大変な状況らしいです。ならこんな映画、文化祭で上映してる場合か!とも思いますが、呼んでくれた先生、すごーくアツい人でした。
お酒もすごく強い人で、ボトルで頼んだ黒霧島をほとんど1人で飲んでました。
Rimg2687
上映スケジュールは地元新聞にも紹介されていたようで、わざわざ観に来たコア?な映画ファンもいました。そのオジサンは『キチガイの一日』を観て、「これはミュージカルです!」と言ってました。うーん…。九州にも色んな人がいるみたいです。
Rimg2701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

吉沢さん、絶好調。

Rimg1618
本日は岡山市内で、ホームヘルパーさんの研修会で出前上映しました。
60名ほどの参加がありました。特に、トークセッションが盛り上がりました。
Rimg1623
吉沢さんへのヘルパーさんの質問。
「精神障害のある利用者さんから、イスを振り上げられたことがある。
そんなときはどうしたらいいですか?」
吉沢さん。
「殴られてみるのもよし、逃げるのもよし、一度殴られたら次に
同じ状況になったときに上手な対応が出来るでしょう」
続いて、
「うどん10玉、ちくわ10本という買い物を頼まれた。
どうせ腐らせる事が分かっているのだが、どう対応すべきですか?」
吉沢さん
「あなたは服を何枚持ってますか?服なんて5枚もあれば足りるでしょ?
誰にでも『癖』がある。いらない買い物でもストレス解消に役立つ事が
ある。希望をかなえてあげて下さい」
なんか、偉いお坊さんの問答を聞いてるようでした。
Rimg1624

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

ロック、笠地蔵、『キチガイの一日』

Rimg1686
2月8日、岡山県北、鏡野町で『キチガイの一日』の上映
をさせていただきました。
私の自転車仲間のNさんが、私が映画を撮っていることを知り、
上映の場を作ってくださったのです。
12時半のスタートから16時半まで、4つのバンド演奏あり、
Nさん制作の映画『笠地蔵』の初上映あり、という濃密なイベントでした。
Rimg1675
バンドにはそれぞれ個性があり、何より演奏する皆さん
自身が完全に解放されていて、聴く私も本当に心地よかったです。
皆さん、少年のように輝いておられました。
またNさんの『笠地蔵』、完全にプロフェッショナルな作りに
驚きました。そのままテレビ放映しても、全く違和感の無い作品でした。
ぎちぎちのスケジュールにもかかわらず、トークの場まで
セッティングしてくださり、身に余る光栄でした。
会場で当日お会いした全ての皆さま、
本当にどうもありがとうございました。
Rimg1650

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

『キチガイの一日』in神戸

Rimg1554
1月15日、神戸市での「兵庫県精神保健福祉大会」にて、出前上映させていただきました。
地域の保健師さんや当事者の方、そのご家族など、80名以上の方が観てくださいました。
行政主催の上映会ですと、タイトルを勝手に削られたりと、悔しい思いをしたことも
あるのですが、今回はとても温かく私と吉沢さんを迎え入れてくださいました。
どうもありがとうございました。
Rimg1558

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

スポーツ、健康、『キチガイの一日』

6月12日、岡山県高梁市にある吉備国際大学で出前上映しました。
呼んでくださったのは「健康スポーツ福祉学科」。
福祉学部の教授である澤山信一先生が歌手・ちひろと映画『キチガイの一日』
のコラボ企画を観に来てくださったのがきっかけです。

澤山先生はハンセン病患者に対する隔離政策に対して、ずっと批判的に
研究されている方でもあり、精神障害者の現状に関しても同じように憤りを
感じている方のようでした。

スポーツ、健康、キチガイの一日。
関係あるような無いような・・・。
たぶん、澤山先生が学生に見せたかったんだと思います。

 

60名以上の学生や他の学科の先生も観て下さいました。

学生さんからは心のこもった感想文も送っていただき、吉沢さんと
2人で読ませていただきました。
どうもありがとうございました。
Kibi



(澤山先生と学生にお腹を触られてくすぐったそうな吉沢さん)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

「みんなちがって、みんないい」

5月17日、土曜日、岡山市の西川アイプラザにて、映画『キチガイの一日』を上映しました。
主演の吉沢さんの強い希望で実現した、シンガーソングライター・ちひろさんとのコラボレーション企画。山陽新聞が記事にしてくれたことも手伝って、150名以上の方がきて下さいました。080517chihiro_003
まずは『キチガイの一日』の上映。大きなスクリーンでの上映でしたが、これまでで一番お客様の笑い声が多かったと思います。吉沢さんのオヤジギャグ、ウケてました。監督の私もとてもうれしかったです。

上映後のトークライブでは、ちひろさんとの共演が実現して感激した吉沢さんが涙ぐむ場面がありました。日ごろ、自らを「感動の薄い人間」と語る吉沢さんですが、どうしてどうして。まだまだアツーイ還暦おじさんです。080517chihiro_001

ちひろさんのミニ・コンサートは圧巻でした。やはりプロの歌声はすごい!観衆を一瞬で引きつけて離しません。童謡詩人「金子みすゞ」の詩にメロディーをつ けて歌うことをライフワークにしておられるちひろさん。代表曲のひとつ、「わたしと小鳥とすずと」を歌うときには吉沢さんもステージに上がりデュエットす るというサプライズもありました。

080517chihiro_013
ちひろさん、素晴らしい歌声をありがとう。横浜から当日来てくださった、かなみさん、素敵なピアノ伴奏をありがとう。そして朝早くから、音響と照明のセッ ティングをしてくださったホールスタッフの皆さん、お世話になりました。そしてもちろん、会場に足を運んでくださった皆さま、これからもよろしくお願いい たします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

5月17日(土)、西川アイプラザにて。

上映会のお知らせです。今回は映画と歌のジョイントです。
『キチガイの一日』上映後に、山口県長門市のシンガーソングライター、ちひろさんの
ミニ・コンサートがあります。
入場無料ですので、皆さま、こぞって、お越しくださいね。

日時  5月17日(土) 13時30分~
場所  西川アイプラザ 5階 多目的ホール (岡山市幸町10-16)

~ スケジュール~
13:30 開場  14:00『キチガイの一日』上映開始
14:40 トークライブ(主演・吉沢毅、監督・山本明子&ちひろ)
15:05 ちひろ☆ミニコンサート~15:45 終了

★ 映画「キチガイの一日」★

Image005 精神科診療所で働く山本明子が、統合失調症の一人の「病者」の日常を追ったドキュメンタリー。「キチガイ」という言葉が消されていくにつれて、そう呼ばれてきた人たちの姿も町から消えてしまった。彼らが再び町で暮らせる日が来ることへの願いを、主演の吉沢毅がタイトルに込めた。2006年岡山映像祭でのオープニング上映を皮切りに各地で「出前上映」中。

★ ちひろ Profile ★
Chihirophoto200801 1971年生まれ。山口県山口市在住のシンガーソングライター。2003年に童謡詩人金子みすゞの詩と出会い、人生の大きな転機を迎える。その詩に曲をつけ、自ら歌うCDアルバムを4枚発表。年間約50回のコンサート・講演活動を全国各地で行っており、2007年10月には台湾公演も成功を収めた。
HP www.chihirosound.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

新春上映会

080111kawasakitandai_001

映画『キチガイの一日』。今年最初の出前上映会で倉敷市中庄に行ってきました。
呼んでくださったのは川崎医療短期大学の介護福祉科。
「形態別介護論」(?)の授業での上映となりました。
2回生の60人の学生が真剣に観てくれました。

「統合失調症は教科書の中でしか勉強してなかったけど、直接お話が聞けて良かった」
「最初の幻聴の内容を教えてください」などの意見や質問がありました。

080111kawasakitandai_003

『キチガイの一日』の出前上映会も10回を超えました。
1月16日には岡山市内のディサービスセンターで上映します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

「キチガイの一日」in徳島

12月14日、徳島大学の公開講座に呼んでいただきました。
071214tokushima_023
講座のテーマは、『現代社会の諸問題:規範と逸脱』。(何か、すごいですね)
150名もの学生が観てくれました。
上映後は「幻聴の主は男ですか、女ですか?」「なぜキチガイという言葉をタイトルに使ったのですか?」など、活発に質問がありました。071214tokushima_024

「キチガイ」という言葉が消されていくにつれて、そう呼ばれてきた人たちの姿も町から消えてしまった。彼らが再び町で暮らせる日が来ることを願って「キチガイの一日」というタイトルを付けたのです。

若い学生たちが将来、精神的な困難に突き当たるとき、この映画のことを少しでも思い出してくれると嬉しいです。
大学の先生、生徒の皆さん、とても楽しいひと時をありがとうございました。
071214tokushima_007



| | コメント (0) | トラックバック (2)